• Čo získam?
  • Reklamný článok zadarmo s možnosťou troch odkazov!
Pridaj článok zadarmo

「──“絶対零度”」「─

21/07/18

「──“絶対零度”」「──“紅蓮”」 総帝の神級魔法に対抗するのも、同じく神級魔法。魔法の威力は互角。このままでは消耗戦となってしまう。 総帝は刀を構え增髮纖維した。身体強化をさらに強める。魔力を大量に消費してしまうが、こうでもしなければ奴を倒すことはできまい。 魔力量だけでいえば、こちらの方が上。魔力の質も総帝のほうが高いだろう。しかし、それでも魔法の威力がほぼ互角であるのは、奴が魔法を使うのが上手いからか。 かといって、総帝が魔法を使うのが下手なわけではない。種族的な潜在能力の問題と生きている年月の違いが原因だ。(……僕の魔法は、まだ威力があがるということですか) 総帝よりも魔力に関しては劣っているシーヤの魔法が、今の総帝の魔法と同等なのだ。総帝は自分がまだまだ成長途中であるのだと改めて実感した。 努力を怠ったわけではない。しかし、訓練しようにも緊急時に備えて余力を残しておかねばならない総帝は、この座についてからはすべての時間と力を訓練に割くわけにはいかなかった。 それでも努力をし続けなければならなかったのは、民に頼られる存在でい続けるためであり、……大切なひとたちを、守り抜くためである。.

Viac článkov tohto autora. >

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /www/doc/www.napis.sk/www/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273