• Čo získam?
  • Reklamný článok zadarmo s možnosťou troch odkazov!
Pridaj článok zadarmo

「……そうだ、ね」 女主人は苦笑いのまま頷い

20/03/18

“「……そうだ、ね」

女主人は苦笑いのまま頷いた。

そして何となくこの少年が何者であるのかに気が付いた。

(あぁ、そうか。この方が……)

三年前、涙を流して座り込んでいた自分を  買東京樓  ってくれた、白銀のマントのあの方なのだ、と。
この方がいるから今の自分がいる。

女主人は何かが吹っ切れたかの様に、清々しい笑みを浮かべたのであった。

×××××××××××

「では……もう行きます」

「そうか、気をつけて行きなよ。帰りはまた寄ってくれ。歓迎してやるから」

サキカ達は宿屋の前に集まり、出発しようとしていた。

女主人も笑顔で見送りに出て来ている。

しかしそこにガイアの姿が見えない。

「あの……ガイア、知りませんか?紅髪の……」

「あぁ、あの今朝大活躍だった紅い奴ね。あいつは……あ、ほら、あそこだよ」

女主人が指差す方を見ると、ガイアが何かから必死に逃げている。

「………………?」

サキカが無言で首を傾げると苦笑気味に教えてくれた。

「今朝のアレでうちの村人の若いモンが彼に惚れ込んでね。是非弟子にしてくれって追い掛けてるのさ」

サキカはクスクスと笑い出す。

「流石ガイアですね、……と言いたいところですが、こちらものんびりしてはいられませんからね」

サキカは繋いでいたガイアの馬の綱を解き、自分の馬に乗ってガイアの馬の綱を持った。

「ほら、みんなも乗って」

怪訝そうにこちらを見ているレイト達にそう言い、女主人を振り向く。

「お世話になりました。また帰りもお世話になると思います。その時はお願いします」

サキカはペこりと頭を下げる。

「――あぁ。じゃあな、サキカ」

サキカはクスリと笑むと口を開いた。

「ではまた、メイ三席――」

サキカはその言葉を残して去って行く。

その後をレイト達が続いた。
.”

Viac článkov tohto autora. >

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /www/doc/www.napis.sk/www/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273