• Čo získam?
  • Reklamný článok zadarmo s možnosťou troch odkazov!
Pridaj článok zadarmo

 ここから一番近いのは、二番隊副隊長の

22/05/18

ここから一番近いのは、二番隊副隊長のホリム・レイトナールの部屋である。彼が自室にいることを願いつつ足早に歩き出した。途中、何度か見回りの隊員や他の部屋へと向かう隊員に会ってHKUE DSE 學生つからないことを祈りながら歩くこと数十秒。ようやくホリムの部屋へと到着する。部屋には一つの魔力と気配。レイトのそれに似た冷たいようで温かく柔らかな魔力は、ホリムのものである。あまりにも似ているためにすぐに彼の魔力を覚えたのだ。二度扉を叩くと、中から聞き覚えのある声の返答があった。失礼します、と口にしてから扉を開けて、消していた気配をもとに戻すと、机に向かって書類に目を通していたホリムが顔を開けて、目を丸くした。「そっ…………、さ、サキカ?」反射的に『総帝様』と呼びかけたらしいホリムが、閉まっていない扉を見て慌てて言い直す。サキカは少しだけ苦笑を漏らして、扉を閉めた。「突然すみません。……自室が遠いもので、このままですと見つかったときが大変でして」「い、いえ。……着替えをなさるのでしたら部屋から出ますが」椅子から立ち上がって、サキカの方へ数歩近づいたホリムは、その場で方膝をつく。「楽にしていてください。転移をさせていただくために来ただけですから」「て、転移!? いや、でも転移防止結界が……。あ、転移許可があるんですね」ギルドや学園には、大抵転移防止結界と呼ばれるものが張られている。それは誰しもが知っていることであり、転移許可と呼ばれるものがなければ転移できない。.

Viac článkov tohto autora. >

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /www/doc/www.napis.sk/www/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273